必要な機能

コピー機の値段を大きく左右するのは、本体の大きさではなく、一枚当たりのコピーする速さです。毎日沢山コピー機を使用するような場合には、この印刷速度の速い物を購入する必要があります。

また、コピー機を購入する際にスペックをしっかりと確認しておくと、月間印刷枚数などの設定を見かける事ができます。月間印刷枚数は、メーカーが月に何枚程度印刷する事を想定して造っているという事の基準ですので、この月間印刷枚数よりも極端に多いような場合には、故障の原因にもなりますので、月間印刷枚数の基準内で治まるコピー機を購入するのがポイントになります。

また、コピー機には定番のカラー印刷だけでなく、パソコンからのデータを転送したり、スキャナでパソコンにスキャンした内容を持ちこむなどの方法があります。また、最近あまり利用頻度は少なくなりましたが、FAXなどの機能が必要な会社もあります。良く使用する機能がきちんと備わっているのかや、逆に使用しない機能が付加されているせいで、コピー機の値段が高くなっているような場合には、たとえ中古で安くなっているとはいえ、意味がありません。多機能という事は、それだけ故障の原因が増えているという事にも繋がりますので、しっかりと内容を確認するようにしてください。